「連携と協働」未来を拓く We Serve 

2019-2020ご挨拶

  • HOME »
  • 2019-2020ご挨拶

2018-2019 ご挨拶 ご挨拶はコチラ >>

地区ガバナー:L.山岸 博之 (小浜 6R2Z)

第二副地区ガバナー:L.山岸 博之 (小浜 6R2Z)
ファッションとデザインの世界的中心地ミラノ、何世紀にもわたる芸術と歴史のまちミラノ国際大会で2019年~2020年度の334-D地区ガバナーに就任することになりました。100年の歴史を刻んできたライオンズクラブの一員であること更なる未来へ歩み続けるライオンズクラブの一員であることの誇りと喜びを感じ国際大会に参加し“多様性で奉仕を”と呼びかけられたジョンヨル・チョイ国際会長及び国際協会からガバナーとして承認を受けました。その重責を強く感じているところであります。

ライオンズバッチに二頭のライオンがいます。100年の歴史を見つめてきたライオンと未来を見つめるライオンです。1917年メルビン・ジョーンズが呼びかけたボイスが大きなエコーとなり今日まで響いています。1925年のイリノイ州で開催された国際大会で三重若の障害を克服したヘレン・ケラーが「ライオンよ!闇を開く十字軍の騎士たれ」その有名なスピーチは奉仕活動の大きな柱となり今日までライオンズ精神を支えています。

また1930年イリノイ州ベオリアのライオンズクラブ会員L.ジョージ・A・ボーナムが障害者が持つ「白い杖」を発明し今日まで視力障害者を先導しています。このように先人ライオンが人類の為多くの奉仕活動の年輪を重ねて来ています。次代のライオンズ指針であるLCIFフォワードで新しい方向が示され全世界のライオンに「We Serve」を呼びかけています。“連携と協働・未来を招くWe Serve”をスローガンに334-D地区を運営して参ります。それぞれの地域には私達の奉仕を持っている多くの人達がいます。ひとりひとりの力を結集し地域の人達との連携でライオンズは大きなパワーを生むと信じています。個々のライオンズが強くならなければなりません。ライオンズは楽しくなければなりません。クラブファーストが私の願いです。目標に向かって最後まで挑み続けてください。皆さんが自ら立案されたクラブ活性化計画を達成してください。その積み重ねの結果“人道的インパクトを 倍にし年間奉仕受益者を2憶人にすることが出来るでしょう。活性化したクラブの姿は地域で光り輝くことでしょう。

第一副地区ガバナー:L.岸 省三 (加賀 4R1Z)

第一副地区ガバナー:L.岸 省三(加賀  4R1Z)

第65回地区年次大会及び複合地区年次大会において第一副地区ガバナーとして承認され身の引き締まる思いです。第二副地区ガバナーの1年間は宇波元ガバナーやキャビネット構成員の皆様、山岸ガバナーのスタッフの方々の皆様を始め本当に多くの方々に出会う機会とご指導をいただき1年間楽しくライオンズのことを学ぶことが出来ました。今年度は山岸ガバナーのもと334-D地区のキャビネットの基本方針が示されました “「連携と協同」未来を拓く WeServe” です。この間の連携:地域間の連携:行政との連携:そして協同することでライオンズパワーが大きく醸成され奉仕のインパクトが高まる。この方針を皆様と共有し楽しく活動したいと思います。

第二副地区ガバナー:三井 適夫 (黒部 1R3Z)

第二副地区ガバナー:L.三井 適夫
4月20日に開催されました、「334-D地区年次大会」にて2019-2020年度第二副地区ガバナーに指名いただきました。心から感謝申し上げます。
昨年の11月末に334-D地区で初めてのリジョン内選挙で当選させていただき、地区大会での信任で、第二副地区ガバナーに着任することができました。この上は初めて選挙で選ばれた事の意味をしっかりと受け止め、責務を果たして参ります。私のスタートは選んでいただいた皆様への感謝から始まり、その期待と付託にどれだけ応えて、クラブに寄り添った活動に邁進できるかの挑戦であります。

 選挙自体はその手法も含めて賛否はありますが、私自身が経験したことは今後リーダーとしての道を歩む上で、大きな糧である事は確かです。これからも少しでも皆さんのお役に立てる支援を念頭に、さらに精進してまいりますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

キャビネット幹事:L.森下 正広 (小浜 6R2Z)

キャビネット幹事:L.森下 正広
山岸地区ガバナーは、地区スローガンとして「連携と協働」未来を拓くWe Serveを掲げています。
多くの団体・組織と連携することにより大きな奉仕のパワーが生まれるでしょう。一人ひとりの力を結集したクラブの力が地域を動かし活性化したクラブの姿は、地域で輝くことでしょう。と、問いかけています。
そのなか、2019~2020年度334-D地区 L.山岸博之地区ガバナーのキャビネット幹事を拝命いたしました。
キャビネット幹事の重責をひしひしと感じているところです。

自身は常々、「何事にも一生懸命取り組めば結果よし」と、心に決め取り組んでいますが今年度はさらなる取り組み方をしなければと思っています。地区ガバナーと話合いキャビネット構成員の皆様と連係し着実に進めていきたいと考えています。地区スローガンに沿って、334-D地区会員が手を取り合い素晴らしい成果をあげられますようお手伝いができればと考えていますので1年間宜しくお願い申し上げます。

キャビネット会計:L.水江 幹広 (小浜 6R2Z)

キャビネット会計:L.水江 幹広
この度、山岸地区ガバナーよりキャビネット会計を任命され、その重責に身も心も引き締まる思いです。地区スローガン「連携と協働」未来を拓くWe Serve のもと、キャビネット役員と一緒になって地区スローガンの実現に向けて力を尽くす覚悟です。
キャビネット会計として、会員皆様方からの貴重な会費を公平に、かつ有効に運用させていただきたいと思います。そして何よりも透明性のある会計を推し進めていきます。

今までのキャビネットを手本にさせていただいて、今年度の予算を検証し、その予算に基づいて会計処理を行っていきたいと考えています。

そして、今年度、334-D地区のクラブの皆様が素晴らしい奉仕ができますように微力ながら精進していきたいと思います。最後になりましたが、各クラブの会員の皆様方のご支援、ご鞭撻をお願い申し上げまして、挨拶とさせていただきます。

お問合せ電話番号はこちら。 TEL 0770-64-5237 受付時間:10:00~15:00 (土・日・祝日除く)

Cabinet WEB Search

お問合せはこちら

電話でのお問合せはこちら
受付時間:平日 10:00~15:00
> 0770-64-5237
メールでの問い合わせはこちら
> メールフォームはこちら

Lions Rate

9/1 更新
US 1.00= ¥106.00

>>過去のライオンズレート

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.