未来に向けて 新たな奉仕と新たな改革

基本方針

  • HOME »
  • 基本方針

キャビネット基本方針・地区ガバナー基本方針

2017年6月30日から7月4日までのアメリカ合衆国イリノイ州シカゴで開催されます、ライオンズクラブ第100回の国際大会を終え、ライオンズクラブは新世紀に入っていきます。
又、4年目を迎える100周年記念事業は、2018年6月30日までとなり、来期でフィナーレとなりますが、早速新たな奉仕活動に対しての戦略計画LCIフォーワードが発表されます。2021年までに世界で年間2億人の人々に人道的奉仕活動を行おうというものです。
さて、来期の国際会長ナレシュ・アガワルのテーマは「We Serve」キーワードは「NEW」であります。私たちは改めて「We Serve」の精神の原点を見極め、これからの100年(第2世紀)に向かって山田實紘元国際会長が提唱した「温故知新」のもと、新しい奉仕と新しい改革に挑戦して行かねばなりません。そして今期はキャビネット事務局として国際協会、複合地区からの方針等を地区委員長、ゾーンチェアパーソン、クラブ会長を通じてクラブ会員までしっかり伝え、理解していただく為の積極的な行動を起こしてまいりたいと思います。
私たちはライオンズクラブを通じて、ボランティアに社会奉仕の新しい手段を与え、更に多くの人道的ニーズを満たし、これまで以上に平和と国際理解を育んでいきたいと思います。何卒、皆様のご協力をいただき、明るく元気に楽しく活動してまいります。よろしくお願いいたします。

地区スローガン

未来に向けて 新たな奉仕と新たな改革

地区シンボルマーク

地区ピン:

日本三大名園、兼六園の琴柱灯籠をモチーフにしております。334-D地区がしっかり支え合い、一本となり地区全体でNew We Serveの原点を追い求めてまいります。
地区バナー:

日本三大名園の一つ、兼六園をモチーフにしたバナーです。雪吊りは334-D地区の北陸三県に因み、三体配置しました。又、四季によって様々な表情を見せてくれる庭園をイメージし、菊桜、カキツバタ、モミジ、雪吊りを背景にし、奥には同じく金沢の象徴でもある鼓門を透かし模様で描きました。
地区アワードパッチ:

334-D地区の6Rをカラフルな色で表し、明るく元気で楽しいWe Serveを表現しました。
地区カラー:
赤色 一年間炎のように赤く熱く燃えます。

地区誌タイトル

For The Future
未来に向かって

地区重点活動方針

  1. ライオンズクラブ国際会長が提唱されるアクティビティを行う。
  2. ライオンズクラブ100周年記念奉仕活動に取り組むと同時に新しい100年に向けた、新しい奉仕活動を考えていく。(視力を分かち合おう・食料を支援しよう・環境を保護しように新たに小児がん・糖尿病患者支援を追加)*アクティビティは地域や家族会員を巻き込んで展開しよう。
  3. 会員増強は、新会員を招請してインパクトを高める①新クラブ結成と②新会員勧誘・会員の退会を防止して会員維持をするという2つの戦略を徹底する。
  4. FWTの理解と定着・活動の促進を図り、現在25.3%の比率を、50%を目標として増強を図る。家族会員の定着により、日本で現在約121,000人の会員を200,000人にするため増強を行う。
  5. LCIF参加で大きな力を発揮する。各リジョンに地区委員1名、各クラブにLCIFコーディネーターを置き、クラブ理事会に参加する。LCIFを各クラブ員に説明し浸透させる。
  6. LCIフォーワード2017年~2021年の戦略目標の初年度として、世界で高まり続けるニーズに応え、人道的奉仕活動を通じて年間の奉仕受益者を現在の3倍、つまり2億人以上に増やす(2020年~2021年度)ことを目指す。
  7. ゾーンチェアパーソンは、地区委員長及び地区委員と協力し、各ゾーン内各クラブに対し、会長・幹事を通してキャビネット方針を的確に伝え、実行するよう徹底する。

地区運営方針

  • 第一副地区ガバナー、第二副地区ガバナーとともに地区運営を図る。
  • キャビネット役員・地区委員長・ゾーンチェアパーソンとの連携を図る。
  • ゾーンチェアパーソンを中心とした各ゾーン単位の運営を図り、キャビネットの方針を各クラブに確実に伝える。ゾーン内各クラブの奉仕受益者を明確にし、新たな数値目標を確認する。新たな奉仕活動があれば具体的に明示する。
  • キャビネットの事業活動は各委員会活動にて展開する。

    {GMT・GLT委員会(副ゾーンチェアパーソン)、PR・ライオンズ情報委員会、四献・環境委員会、LQ青少年育成委員会、FWT委員会}及び地区YCE委員会、LCIF・ALERT委員会、100周年記念事業委員会にて展開する。

  • ライオンズクラブの社会的貢献度を周知するためのPR活動を実践する。
  • 今年度の増員計画は各クラブ純増:GMTで3名以上、FWTで3名以上、新クラブ結成1クラブ会員20名で目標:608名以上

ライオンズクラブ国際協会100周年フィナーレに向けての重点方針

  • 100周年記念事業委員会を設置。各リジョンから地区委員を選出。
  • 青少年が参加する事業の展開をしよう。
  • 会員増強は奉仕の増加。過去最大の会員数にするため、100周年記念事業委員会はGMT・FWT委員会と協力して増強目標を立て、史上最多の会員数が達成できるような行動を起こす。
  • LCIF参加で大きな力発揮。
    MJF1,000ドル献金、全クラブ会員100ドル献金を全クラブで参加しよう。
  • 100周年最後の年をレガシーフォーワードと位置づけ次の100年に向けて新しいスタートを切る。

ガバナー公式訪問

  • ゾーン単位で実施する。
  • ゾーン単位の地区ガバナー公式訪問例会として開催する。

    キャビネット三役で訪問する。
    但し、富山県は第一副地区ガバナー、福井県は第二副地区ガバナーも同行する。

  • 三役懇談会

    ガバナー公式訪問の際、ゾーン内クラブと三役懇談会を実施する。時間は60分前後を予定する。訪問例会が夜間の場合は訪問例会の前に実施することもある。懇談会を充実するため各クラブに以下の書類をキャビネットに事前提出とする。

    1. 各クラブの現状報告・問題点等(所定のフォームあり)
    2. 各クラブのスローガン及び基本年間計画書類

ガバナー諮問委員会の開催

  • ゾーンチェアパーソンを議長として、ゾーン内のクラブ会長及び幹事で構成する地区ガバナーの諮問機関とする。必要に応じて他の地区委員にも出席を要請する。
  • ゾーンチェアパーソンを介してキャビネットとゾーン内クラブとの連携のみならずゾーン内クラブの交流を図り、さらに各クラブが望ましい発展を遂げるよう協議する。
  • ゾーンチェアパーソン及び地区委員にてゾーン内クラブ訪問を行う。
  • 第1回・第2回・第3回キャビネット会議開催後30日以内に実施する。
  • 各リジョン又はゾーンで実施することが望ましい。
  • 報告:開催後1週間以内にキャビネットへ報告する。

地区DGT会議(ディストリクト.ガバナー.チーム)

  • 地区ガバナーチーム(地区ガバナー、第一・第二副地区ガバナー、キャビネット幹事、キャビネット会計、地区統括委員長、キャビネット事務局長等で組織する)
    必要な場合は地区GMT・GLT・FWTコーディネーターの出席を要請する。
  • 地区運営の基本方針の確認・遂行のために、必要性が生じたとき随時開催する。

地区DGT・ZC会議(ゾーン・チェアパーソン)

  • 地区ガバナーチーム(地区ガバナー、第一・第二副地区ガバナー、キャビネット幹事、キャビネット会計、各ゾーンチェアパーソン、地区統括委員長、キャビネット事務局長、GMT・GLT・FWTコーディネーター等)で組織する。
  • 必要な場合は地区委員長、地区運営委員長、地区GMT・GLT委員(副ゾーンチェアパーソン)の出席を求める。

  • 地区運営の基本方針を各クラブへ伝達するために、必要が生じたとき随時開催する。

主力委員会活動指針

地区GMT・GLT委員会
<GMT>市民参加の奉仕活動を通し、共感していただいた人に入会のアプローチをかける。
・ライオンズクラブ以外の方々が参加する社会奉仕活動を企画し実施する事で会員増員を図る。
<GLT>ゾーンチェアパーソンの指導力強化への協力。
・リーダーシップ研修・新会員セミナー及び中堅セミナーの充実を図る。新しい企画を考える。
・ゾーンチェアパーソンとの協力関係を構築し、活動戦略を各クラブに伝え、決定実施する。
・次世代若手リーダー、女性リーダーの発掘
地区FWT委員会
  • ライオンズにおける家族と女性会員の増強と、ライオンズ活動における活躍と 発展の機会拡大と推進への努力において、意識と理解、行動力を高める。
  • 地区・地域・クラブと協力し、女性会員、家族会員及び情勢に関する問題への対応を行い、新クラブ結成・支部結成を計る。
  • 女性が積極的にライオンズを学び、奉仕活動に参加し、リーダーシップを発揮する機会を得るように奨励する。
  • ターゲットを絞った行動を促し、情報を提供し、能力、経験及びやる気をもとに、将来の女性リーダーを見い出し育成する。
地区PR・ライオンズ情報委員会
  • 地区スローガン「We Serve 未来に向けて 新たな奉仕と新たな改革」に沿ったライオンズのPR活動
  • 地区誌の編纂・地区・地域へライオンズ活動の紹介する活動方策の研究・提言
  • アクティビティの審査
  • ライオンズポスターの募集活動
  • 会員増強用パンフの作成
  • 100周年記念事業を紹介・PRする活動の提言
地区四献・環境保全委員会
  • 四献活動及び環境保全に向けた更なる意識の向上

    <四献活動>地区委員を通じた各クラブへの啓蒙活動、特に献血・献眼の現状の認識をする
    <環境保全>地域・市民に象徴的な啓蒙活動するための具体案の検討及び実施

  • 100周年の最後の年に付け加えられた小児がん・糖尿病患者の支援にも関わる
地区LQ・青少年育成委員会
  • 薬物乱用防止教育認定講師セミナーの実施
  • 薬物乱用防止教室の開催
  • LQについての積極的なワークショップの開催
地区YCE委員会
  • YCE事業のより一層な充実
地区100周年記念事業委員会
  • 100周年最後の年として、2018年6月30日までに過去最大の会員数にする
  • 100周年記念事業の最後の年は(視力、環境、食料、小児がん・糖尿病)の支援事業に取り組む
地区LCIF・ALERT委員会
  • LCIFの積極的な活動を図るための意識改革
  • LCIFの理念の理解を深め、全クラブがMJF1,000ドル献金を達成し、300口を目標とする
  • LCIF・ALERTを理解・行動するためのセミナーの実施
  • 全クラブ会員100ドル献金に参加し、各クラブ献金BOXにて献金貯金する
地区年次大会委員会
  • 石川県金沢市等、行政に積極的にアピールした年次大会を開催
  • 3リジョン17クラブの協力で開催することを強く意識する

お問合せ電話番号はこちら。 TEL 076-225-7448 受付時間:9:30~16:30 (土・日・祝日除く)

Cabinet WEB Search

お問合せはこちら

電話でのお問合せはこちら
受付時間:平日 9:30~16:30
> 076-225-7448
メールでの問い合わせはこちら
> メールフォームはこちら

Lions Rate

10/5 更新
US$ 1.00= ¥113.00

>>過去のライオンズレート

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.