カンボジア教育環境整備事業

カンボジア教育環境整備事業 カンボジア教育環境整備事業

完成報告日時:

2017年1月20日(金)

開催場所:

首都プノンペン郊外:シムレアップ・プライマリー

参加者:

ライオンズクラブ:9名

カンボジア・ライオンズクラブメンバー

地元児童:約600名

投稿者:

L.岡崎 栄明

レポート:

福井イーストライオンズクラブが取り組んだ、教育環境整備が遅れているカンボジアの小学校2校の 図書室、トイレ改良事業が終了し、このほど現地で完成式典を行いました。
同LC、会長L.杉本光志朗は「教育や文化が豊かになってくれれば」と期待を込めた。
福井LC創立5周年記念事業と、LC国際協会100周年のレガシープロジェクトの一環。
カンボジアのLCと共同で取り組んだ。工事は昨年10月に着手、12月末に完了した。
校舎の一角を改装して新たに図書室を整備。本棚も設置した。老朽化が激しかったトイレも改修した。
今年1月20日に式典があり同LCから杉本会長ら9人が出席。
子供たちの笑顔が印象的だったという杉本会長は(カンボジアではポル・ポト政権時代に崩壊した教育環境がいまだに整備されていない。 今後は衛生面の教育の充実も必要)と話している。同LCはノートや色鉛筆などの学用品も寄贈した。